ケアの事例

終末期がん患者を親に持つ子どもへのかかわり

Dealing with child whose parent is cancer patient in the end of life.

現在子育て世代のがん患者が増加しているといわれています。
親ががんになった時、子どもはどんな思いでいるのでしょうか?

家族の中でしかも両親のどちらかが病気になるということはとても大変なことです。
そして、親が終末期を迎えているとき、子ども自身も強い予期悲嘆を感じています。

医療者は、患者自身だけでなく子どもを含めた家族にどのようにかかわればよいのでしょうか?

みんなで考えてみましょう。

動画についてのご意見をいただけるとありがたいです。

がん患者を親に持つ子どもへの病状説明

Explanation of the condition to the child whose parents are cancer patient.

現在子育て世代のがん患者が増加しているといわれています。
親ががんになった時、子どもは何を感じているのでしょうか?それとも何も気づかないの­でしょうか?

家族の中でしかも両親のどちらかが病気になるということはとても大変なことです。
ではがん告知をうけた親たちは、子どもへの病状説明をどのように考え、どのように対応­しているのでしょうか?
そして親の病状説明を受けていない子どもはどのような思いを抱いているのでしょうか?

みんなで考えてみましょう。

ページトップへ